光回線全般

光回線の工事はどんなことをするの?戸建てとマンション別でご紹介!

光回線の工事と聞くと、壁に穴を開けるなど大掛かりな作業のように感じますよね。また、なかなかお休みが取れない方は、「工事時間が長くなると光回線を頼むのは難しいかも」と思ってしまうかもしれません。

そんな方のために、実際の工事の内容や期間はどうなのか詳しく解説します!

光回線の工事の内容は?

戸建ての場合

大まかな流れとしては

  1. 屋外工事 
  2. 宅内工事 
  3. インターネット接続

の3ステップになります。それぞれ詳しく見てみましょう。

①屋外工事

屋外工事では

  • 電柱から光ファイバーケーブルを家まで引っ張る
  • 家まで持ってきた光ファイバーケーブルを電話線の管や送風管を利用して宅内へ引き込む

といった工事になります。

ただし、光ケーブルを家へ通すときに、管が利用できない場合は直径1cm程の穴を開けることになります。

工事作業員が勝手に穴を開けることはありませんが、もし穴を開けるならばどこに開けるのかをしっかり聞いて工事の継続を判断するようにしましょう。

工事時間はおよそ1〜2時間になっています。

②宅内工事

宅内工事は作業員が家の中へ入り、

  • 光コンセントの設置
  • 屋外工事で持ってきた光ファイバーケーブルを配管から宅内へ通す
  • 通信機器の設置をする

といった工事になります。

通信機器は、回線終端装置(ONU)と呼ばれる光ファイバーの信号からパソコンで使える信号へと変化させる機器を使います。その機器と光ファイバーケーブルを接続させます。

事前にその機器の置き場所などを確認しておくとスムーズに作業が進められるでしょう。

③インターネット接続

最後の工程は基本的に自分でやる作業になっています。

光ファイバーケーブルを繋いだ回線終端装置(ONU)とパソコンを

  • LANケーブルで直接繋ぐ
  • ワイヤレスで繋ぐ

のどちらかの作業を行います。

最近では線を必要としないワイヤレスが増えてきており、線がない分煩雑に見えず、電波の届く範囲ならばどこでも利用できます。

一方で、通信接続が不安定になる場合や通信速度が遅いなどの問題が起こることもあるため、それらが心配な人はLANケーブルを利用すると安定してパソコンなどの機器を利用できるでしょう。

マンション・集合住宅の場合

 マンション・集合住宅の場合は

  • 全く光回線が導入されていない
  • 光回線の共用設備は導入されているが、自室に光コンセントがない
  • 自室に光コンセントが既にある

の3つのパターンがあります。

下に行くほど作業は楽になります。ここでは1番大変な「全く光回線が導入されていない場合」を想定してご説明したいと思います。

全く光回線が導入されていない場合は、少し配線場所が異なりますが基本的には戸建てと同じ、屋外工事・宅内工事・インターネット接続の3ステップとなっています。具体的に見てみましょう。

①屋外工事

全く光回線がと思っていない場合は

  • 光ファイバーケーブルを電柱から共用設備へ繋ぐ
  • 共用設備で持ってきた光ファイバーケーブルを電話線の管や送風管を利用して自室へ引き込む

といった工事になっており、基本的には戸建てと同じ流れになっています。

少し違う点は電柱から直接自室ではなく、共用設備を一旦通してから自室に繋ぐという点です。

共用設備から自室へ繋ぐ際には戸建てと同じでエアコンのダクトや電話線の管を利用します。もし管が利用できない場合は1cm程の穴を開けることになるため、大家さんに必ず相談するようにしましょう。勝手に穴を開けてしまうとトラブルの原因になります。

当日にもし穴を開ける許可が出なかった場合、工事が中止となり、作業員にも迷惑がかかるため、事前に大家さんと連絡を取っておきましょう。

②宅内工事

共用設備には光回線が通っているが、自室に光コンセントがない人はここからの作業になります。

流れとしては

  • 光コンセントの設置
  • 共用設備から持ってきた光ファイバーケーブルを配管から宅内へ通す
  • 通信機器の設置をする

と、戸建てと同じになっています。

この工事では自室に作業員が入り、設置場所などの質問がなされるため、同席しなければなりません。そのため工事日には休暇を利用しましょう。

③インターネット接続

既に自室に光コンセントが設置されている場合はここからの作業になります。

マンションや集合住宅の場合は、前に住んでいた人が設置をしてくれたパターンも多くなっているため、ここからの作業の方も増えてきています。

ここでは基本、自分で作業することになります。

光回線会社から届く回線終端装置(ONU)などの通信機器の設置とそれを自身のパソコンと

  • LANケーブルで繋ぐ
  • ワイヤレスで繋ぐ

のどちらかを選択して、インターネットを利用することになります。

光回線の工事の期間は?申込期間中の流れも一緒にチェック!

光回線申し込みから工事までの流れを見ていきましょう。

  1. 光回線に申し込む
  2. 工事の日程を決める
  3. 工事担当者と連絡をとる
  4. 工事をする

申し込みから工事まではこの流れとなっています。それぞれ詳しく見てみましょう。

①光回線に申し込む

au、ドコモ、ソフトバンクなど様々な企業が光回線のサービスを提供しています。

それぞれに大きな差はありませんが、代理店によっては高額なキャッシュバックがあるためチェックしてみましょう。

その場合は、多くはWebページからの申し込みとなります。

②工事日程を決める

屋外工事や宅内工事には立ち合いが必要となり、時間単位の作業となるため、自身の都合のよい日に工事日を決めましょう。

大体、申し込みから1ヶ月後に工事をするといった日程になります。繁忙期の3月~5月の間はさらに延びる可能性があります。

もし、工事の日に急に予定が入ってしまった場合は、工事の前日まで変更できる会社もありますので必ず連絡を取るようにしましょう。

③工事担当者と連絡を取る

光回線申し込み後、自分から電話するか、工事担当者から電話があるかは代理店によって変わります。申込時に担当者から案内されると思うのでチェックしておきましょう。

もし分からない場合はオペレーターに質問しましょう。工事担当者から連絡がある場合は、大抵は申し込みから2、3日後となります。その際に、工事日程を伝えましょう。

④工事をする

申し込みから約1ヶ月後に工事が始まります。

宅内工事では、どこに回線終端装置(ONU)を設置するかなど尋ねられるため、軽く掃除をしたり、事前に設置場所を決めておくとよいかもしれません。

光回線の工事の費用は?

 

工事費用は会社によって違います。

以下は回線を新規に設置する人の税込工事費です。転用等する方は数千円程度で済ませることが出来ます。

ドコモ光:戸建て(19,800円)、マンション(16,500円)
ソフトバンク光:戸建て、マンション共通(26,400円)
auひかり:戸建て(41,250円)、マンション(33,000円)
NURO光:戸建て、マンション共通(44,000円)
ビックローブ光:戸建て(19,800円)、マンション(16,500円)

会社によってかなりばらつきがありますが、16,500円~44,000円となっています。

高額な工事費用ですが、多くの会社で工事費実質無料となるキャンペーンを行っているので、そちらを利用するのがおすすめです。

光回線の工事で注意する点は?

光回線の工事の注意点を見ていきましょう。

  • マンション・集合住宅の場合、大家さんがいる場合は工事をする許可を事前に取っておく
  • 戸建ての場合は、屋外工事のときに工事をする大きな自動車が来て道が通りにくくなるので、近所に連絡するとよい
  • 通信機器の設置場所を事前に決めておこう
  • できれば休日ではなく平日を工事日に設定しよう
  • キャッシュバックを最大限利用しよう

これらが注意点となります。

補足としまして、工事日を平日にするという点については、やはり多くの人は会社などが休みの土日祝を利用するため、工事日が想定よりも先になってしまうことがあります。

キャッシュバックの適用期限があるなど様々な理由で早めに工事を終わらせたい場合は、平日の午前中にすると素早く工事日が決まります。

まとめ

光回線の工事はそれほど複雑な工事ではありません。しかし、注意点はいくつかあり、特にマンション・集合住宅に住んでいる方は必ず大家さんと連絡を取るようにしましょう。

光回線は通信速度が上がり、とても便利です。工事をするということで光回線の契約を臆する必要はありません!

ぜひ契約をして、快適なインターネット環境を整えましょう。