光回線全般

J:COM光は実際どうなの?メリット・デメリットを徹底解説!

J:COM光が気になりますか?

J:COMといえば、ケーブルテレビ日本最大手の企業です。そのJ:COMが提供しているのが今回ご紹介する「J:COM光」です。

J:COM光はケーブルテレビ系ということで、多くの光回線とはちょっとタイプが異なります。

では、J:COM光とは一体どんな光回線なのでしょうか。今回はJ:COM光は実際どうなの メリット・デメリットを徹底解説 させていただきます。

J:COM光とは?

J:COM光とは一体どんな光回線なのでしょうか?

J:COM光を一言でいうと、「J:COM株式会社が提供する光通信回線サービス」のことです。

ここではJ:COM光についてわかりやすくご紹介します。

J:COM光の回線とプロバイダは次の通りです。

J:COMはKDDIの連結子会社が運営しているので、J:COM光の光回線はKDDIとの関係があります。

J:COM光は光回線の大半をauひかりの光回線を使っています。こちらは「光1Gコース on auひかり」というサービスになります。

またauひかりの光回線が使えない場所はJ:COM独自の回線です。J:COM独自の回線とは、ケーブルテレビ回線(CATV)のことになります。

ただしケーブルテレビ回線では、最大320Mbpsが限界です。光回線の最大速度である1Gbpsを出すことはできません。

J:COM光のプロバイダはJ:COMNET1社のみです。

基本的にJ:COM光は回線とプロバイダの一体型サービスになります。

J:COM光はプロバイダと一体型サービスであることから、契約は一度で済み、契約後の内容の確認もJ:COM光に一本化できます。

光回線とプロバイダが一体型であることで、契約と内容確認に手間がとられることが少なくすみます。

J:COM光のメリット・デメリット

J:COM光のメリット・デメリットはどんな点なのでしょうか。

ケーブルテレビ系ということで、他社と比較するとかなりユニークな光回線です。

では、J:COM光はどんな点が優れており、どんな点が劣っているのでしょうか。

こちらではJ:COM光のメリット・デメリットについて詳しくご紹介します。

メリット

メリット①ケーブルテレビとのセットプランがある

J:COMといえば、ケーブルテレビです。

J:COM光の最大のセールスポイントがケーブルテレビであるJ:COM TVとセット加入ができることです。

J:COM TVとは、最大99チャンネル以上を視聴できる日本最大級のケーブルテレビです。

また現在はネットフリックスとセットで楽しめる新コースも話題沸騰中です。

ケーブルテレビとネットフリックスをたっぷり視るなら、セットプランがあるJ:COM光が間違いなくおすすめです。

メリット➁ライフスタイルによって5つの速度が選べる

一般的に通信速度は、速ければ速い方がユーザーからは好まれます。

ところが全てのユーザーが高速・大容量通信を求めているわけではありません。

中にはテキスト・画像送信レベル、またはスマホやタブレットの通信ができれば良いというユーザーもいます。

そうなると、1GBpsも必要ありません。100Mbpsでも十分です。

J:COM光では「1Gコース」、「320Mコース」、「120Mコース」、「40Mコース」、「12Mコース」の5つのコースが用意されています。

ユーザーのライフスタイルによって、お好みのコースを選ぶことができます。

デメリット

デメリット①通信速度が遅い

通信速度に関しては、J:COM光はよく遅いといわれています。

ただし、J:COM光の全ての回線が遅いわけではありません。

通信速度が遅い理由は、ケーブルテレビ回線(CATV)を利用して、インターネット通信を行っているエリアです。

J:COM光の回線は大きく2つに分かれています。

1つはauひかりが提供する「光1Gコース on auひかり」と、もう1つはJCOM独自で提供するケーブルテレビ回線です。

ケーブルテレビ回線は、あくまでケーブルテレビ用なので、光回線ほどの速度がでません。最大320Mbpsが限界値です。

よくネット上で「J:COM光は通信速度が遅い!」というカキコミがあります。その理由はケーブルテレビ回線契約をしているからです。

速度を上げるにはケーブルテレビ回線契約でなく、auひかりが提供する「光1Gコース on auひかり」経由で契約することです。余裕で1GBpsを実現することができます。

以上がJ:COM光が遅いといわれる本当の理由です。

※「光1Gコース on auひかり」対象のエリアは、J:COM光にお問い合わせください。

デメリット➁定期点検で営業される

J:COM光に関しては有名な話ですが、定期点検で営業されることがあります。

一般的な光回線業者は、作業員などが定期点検に来ますが、J:COM光は営業員が定期点検を行っているといわれています。

そのため、定期点検の時にグレードの高いコースをすすめられるといわれています。

ただし、ほどんどの場合強制ではありません。不要であれば拒否することもできます。

なので、さほど気になる問題ではありません。

J:COM光はどんな人におすすめ?

J:COM光をおすすめするのはJ:COM TVのユーザーです。

J:COMTVはネット全盛の現在でも根強い人気があります。

地上波やネットでは視れない専門チャンネルがあるからです。どうしてもJ:COM TVをはずせないという方はかなりいます。

また最近は「ネットフリックス+ケーブルテレビ」のコースも登場して、こちらも新たなユーザーを獲得しています。

これらのことから、J:COM光はJ:COM TVのユーザーの方には特におすすめです。

J:COM光はどの窓口から申込むのがおすすめ?

J:COM光への申込み方法は、いくつか窓口があります。

その中でもJ:COM光の公式サイトがおすすめです。

こちらではJ:COM光の公式サイトからの申込方法をわかりやすくご紹介します。

うれしい特典!

J:COM光への申込みを公式サイトから行うと、うれしい特典があります。

うれしい特典とはWEB限定「WEB得」です。

WEB得とは、スマートお得セレクト NET320Mを公式サイトから申込むと、月額2,750円(税込)のところを、月額1,750円(税込)で6か月間利用することができます。

この理由は6,000円分のQUOカードPayがプレゼントされるからです。

ぜひ、この機会にJ:COM光の公式サイトから申込まれることをおすすめします。

申込みから利用までの流れ

こちらではJ:COM光公式サイトからの申込みから、利用までの流れについてわかりやすくご紹介します。

  1. J:COM公式サイトへアクセスする 
  2. 「お申し込み・お問い合わせ」をクリックする
  3. 「エリア・住居」「ご利用状況」を選択する
  4. お客さま情報の入力をする(名前・メルアド・住所・電話番号を入力する)
  5. 「同意して確認画面へ」をクリックする
  6. 「入力内容の確認」のページから、内容を確認する
  7. 「この内容で申し込む」をクリックして申込みが完了
  8. 公式サイトから電話かメールで、内容の確認と工事日の調整がある
  9. 現地で、開通工事開始
  10. ご利用開始

以上の流れ通りに進むことで、簡単に申込みから利用までができます。

まとめ

今回は J:COM光は実際どうなのか、メリット・デメリットについて解説させていただきました。

J:COM光は今回の記事でご紹介したように、ケーブルテレビ・ネットフリックスとのセット申込みに強みを発揮する光回線です。

また1GBpsの高速通信をご希望であれば「光1Gコース on auひかり」を選択されることで、他社の光回線に負けない速度を実現することができます。

ぜひ、ケーブルテレビ・ネットフリック・1GBps高速通信をご希望であれば、J:COM光をお試しになることをおすすめします。