光回線全般

光回線とポケットWiFiおすすめはどっち?

5G時代になりポケットWiFiで高速通信ができるようになりました。

今まで高速通信といえば、光回線がメインでしたので、新しい選択肢が増えたわけです。

それでは光通信とポケットWiFiは、一体何が違うのでしょうか。今回は光通信とポケットWiFi、それぞれの特徴をまとめました。

また、光通信に向いている人、ポケットWiFiに向いている人についても説明しているので、ぜひ最後まで読んでください。

光回線とポケットWiFiはどう違うの?

インターネットへの接続方法は、主に光回線とモバイル回線を利用したポケットWiFiがあります。それぞれの特徴について説明していきます。

光回線の特徴とは?

自宅に光ファイバーケーブルを引き込んで、インターネットに接続する回線を光回線といいます。

光回線は現在、接続速度が最高速度1Gbpsのものが主流になっています。また、有線接続であるため、安定した通信が特徴です。

ダウンロードのデータ容量は無制限が多く、料金は定額のプランです。データ料金を気にせず使えるところがメリットでしょう。VODで映画を観ることが多い人におすすめです。

また、無線LANルーターにより、家庭内LANがWiFiに。高額になりがちなスマートフォンのデータ通信料金が、家庭内のWiFiによりデータ使用量を節約できます。

同じWiFi環境下であればプリンターなども家族などの複数のデバイスで共有できます。

光回線のデメリットとしては、通信事業者のサービスエリア外では工事がしてもらえず、使えないことです。光回線は人口の多い都市部から整備されていきました。そのため、一部の地区ではサービスを提供していないことがあるのです。

また、サービスエリア内であっても、自宅のある場所付近まで光ファイバーケーブルが整備されていないと開通を断られることもあります。

一般的に申し込みをして自宅まで光ファイバーケーブルが引き込まれ、インターネットが開通するまでには1ヶ月程度の期間を要するようです。

スマホがドコモの人はドコモ光がおすすめ

スマホがauの人はauひかりがおすすめ

スマホがソフトバンクの人はソフトバンク光がおすすめ

ポケットWiFiの特徴とは?

ポケットWiFiはモバイル回線を利用したデータ専用端末。

一番のメリットは持ち運んで、出先でインターネットに接続できることです。

ポケットWiFiにも無線LANルーターの機能があるので、自宅で使えば家庭内にWiFiの無線LANが構築可能です。複数のデバイスとインターネット接続を共有できます。

5G対応のポケットWiFiであれば、下り最大2.7Gbpsの高速接続を実現しているものもあります。4G・WiMAX対応のポケットWiFiは、最大440Mbps~1.2Gbpsまで対応しているものがあります(機種やキャリアによって接続速度は異なります)。

ポケットWiFiは持ち歩いて使うことを前提に作られているので、バッテリー内蔵です。通信状況により変わりますが、連続通信で約10時間使用できるようです。

ポケットWiFiは携帯電話会社と契約したら、その日のうちに使えるという大きなメリットがあります。光ファイバーケーブルのように工事が終わるまで待たなくてよいのです。

データ通信量は、料金プランによって異なりますが、直近数日間のデータ使用量が非常に多いと速度制限がかかります。契約するときに、何日間で何GB使ったら速度制限になるかは必ず確認してください。

光ファイバーケーブルと違い、モバイル回線は電波が届く場所であれば使えます。この場合、5Gエリアか4GエリアかWiMAXエリアごとにサービスエリアが異なります。携帯電話事業者のホームページでサービスエリアが公開されていますので、事前に確認するとよいでしょう。

また、電波の特性上、サービスエリア内であっても、電波のつながりにくい場所があります。また、同じ電波を共有しているので、通信が多いときには接続速度が遅くなったり、不安定になったりすることがあります。

光回線とポケットWiFi、料金が安いのはどっち?

光回線もモバイル回線もさまざまなキャンペーンが行われており、一概にどちらが安いかは、はっきり言えません。

ここでは、料金比較のため、キャンペーン等による割引を考慮せず、月額通信料金で比較しました。比較条件は最大接続速度がおおむね1Gbpsのインターネット接続です。

比較の結果、安いのはポケットWiFiでした。

(代表的な通信事業者で比較)
光回線 A社:5,200円
ポケットWiFi B社:4,380円

選ぶときのポイントはライフスタイルで!

光回線を選ぶかポケットWiFiを選ぶかというのは、その人のライフスタイルによって決まるといっていいのではないでしょうか。

光回線をおすすめする人、モバイル回線をおすすめする人、それぞれ見ていきましょう。

光回線はこんな人におすすめ!

インターネットの利用が、自宅がメインな人は光回線に向いていると思います。

また、家族と一緒に暮らしている人は、モバイルルーターを持ちだすと家のWiFiがなくなるので、光回線を選択した方がよいでしょう。

 ひとり暮らしの人でも映画をインターネットで楽しむ人やオンラインゲームなどでデータ使用量が多い人は、データ使用量の制限がない光回線に向いています。

また、テレワークなど自宅で仕事する方も安定した通信が必要になるでしょうから、光回線が向いています。

スマホが
ドコモの人は
ドコモ光がおすすめ

スマホが
auの人は
auひかりがおすすめ

スマホが
ソフトバンクの人は
ソフトバンク光が
おすすめ

ポケットWiFiはこんな人におすすめ!

自宅ではあまりインターネットをしない、外出先でインターネットをすることが多いという人にはポケットWiFiがいいかも知れません。

とくに工事が必要ないので、臨時にインターネット回線が必要になったという場合にもポケットWiFiは役に立ちます。

まとめ

モバイル回線が5Gになり、ギガビット級の接続速度が出るようになりました。最大通信速度では、モバイル回線も光回線に比べて遜色がないものになりました。

しかし、モバイル回線の無線という特性上、無制限プランでも、たとえば「3日間のデータ使用量の合計が15GB以上を超えた場合、1Mbpsの速度制限」などの条件があるので注意が必要です。

 その速度制限にかからない範囲であれば、光回線の代替にはなり得ると思います。

また、光ファイバーケーブルが整備されていない地区では、ポケットWiFiがインターネットの高速化の手段になります。

光回線もモバイル回線も、ライフスタイルに合わせて選ぶのがおすすめです。